ゲーテが愛したフランケンワインの故郷、ロマンティック街道の北の起点ドイツ、ヴュルツブルグへ

f0329429_20461930.jpg
バカンスの季節がやってきました。どこの海を目指しているのでしょうか?
f0329429_20462507.jpg

ドイツ、ヴュルツブルグに1泊して、イタリアのかかと、プーリア地方を目指します。

f0329429_20463121.jpg

ヴュルツブルグの世界遺産、レジデンツの看板。

f0329429_20464796.jpg

マリエンベルグ要塞が見えてきました。手前には葡萄畑。

f0329429_20470901.jpg

ホテルからの景色。

f0329429_20472979.jpg

左はマルクト広場に建つ色彩が印象的なゴシック様式のマリエンカベレ(マリア礼拝堂)。

f0329429_20473438.jpg

ノイミュンスター教会。世界遺産のヴィース教会も手掛けたツィンマーマン兄弟の華麗な内部装飾があるそうです。

f0329429_20471567.jpg

夕食は、地元で人気のBacköfele(バックエーフェレ)。

f0329429_20474183.jpg

時間も早かったので、まだ空いています。

f0329429_20475727.jpg
f0329429_20475234.jpg
f0329429_21250569.jpg

メニューを決めて、お店の人にお勧めのフランケンワインを聞いたら、楽しみにしていたフランケンワインならではのボトル(平たく、丸みを帯びたボックスボイテル)ではありませんでした。普通のボトルのフランケンワインもあるんですね。ライムの香りがする少しミネラルな食事に合うワインでした。

フランケンワインをこよなく愛した著名人として、真っ先に挙げられるのがドイツを代表する文豪ゲーテです。
ゲーテは、1806年、妻宛てにこんな手紙を送っています。

「いつもの気に入りのワインがなくなると、私はとても不機嫌になる。他のワインでは口に合わないのだ。どうかもう少しヴュルツブルガー(ヴュルツブルクのワイン)を送っておくれ」 
 
(今回ヴュルツブルグで買ったワインは、こちらの3本。)

f0329429_20480659.jpg
f0329429_20481935.jpg

ショイフェレ(Schäufele)、豚肉を煮込んだもの。クネーデル(じゃがいものお団子みたいなもの)と一緒に。

f0329429_20483836.jpg

ソーセージの盛り合わせをイメージしていたのですが、想像していたものと違いました。でも、美味しかったです。

f0329429_20484314.jpg

りんごのパンケーキ。生地がカリカリしていて美味しかった。

f0329429_20485610.jpg

食後は、アルテ・マイン橋の方へ。マイン川沿いにはベンチが沢山あります。

f0329429_20490691.jpg

アルテ・マイン橋。

f0329429_20491178.jpg

向こうには、葡萄畑の頂上にそびえるマリエンベルグ要塞。

f0329429_20493320.jpg
f0329429_23371734.jpg
f0329429_20492871.jpg

モーツアルトもヘッセも、ヴュルツブルグの美しさに賞賛の声を惜しまなかったそうです。

f0329429_23370864.jpg






[PR]

by Laviequotidienne | 2014-07-29 23:40 | ドイツ  

<< カンディンスキーとミュンターが... 【世界遺産】エル・グレコの傑作... >>