ナポリから古代ローマのタイムカプセル、世界遺産ポンペイへ


f0329429_15442022.jpg
カポディモンテ美術館でカラヴァッジョの「キリストの鞭刑」を見るためにナポリに宿泊したのですが、ホテルに行く途中で車から見た時に美術館の入口が落書きなどでかなり荒れている様子だったので、あきらめました。ナポリでの運転は、イタリア人も避けるほどひどいと言われていますが、今回肌で感じました。普通に逆走、勝手に車線を増やしたり、信号待ちをしていると勝手に車を掃除する人が現れるし、カオス状態です。ナポリを州都とするカンパーニア州は、群を抜いて美しい自然、無数の観光地、温暖な気候が生む素晴らしい食材、豊富な労働力、大きな港など、経済発展の条件は整っているのに、犯罪組織カモッラの強い影響力、行政の腐敗もあり、貧困さから抜け出せないようです。
f0329429_15445455.jpg
ホテルの外で食事をする気力もなくなったので、限られたメニューでしたが、夕食はホテルで取ることに。
f0329429_04401818.jpg
ナポリに来ているので、本来ならば世界一美味しいと言われているカンパーニア州のトマト、カンパーニア州の国民食モッツァレラチーズ、バジリコを使ったシンプルなピッツァ・マルゲリータを頂きたいところですが、しょうがありません。
f0329429_04402798.jpg

f0329429_04395867.jpg
カンパーニア州の土着品種、ファランギーナファランギーナは、少し甘味のある柔らかいワインなので、和食では少し甘味のあるお寿司にも合い、イタリアンなら少し酸味が必要なサーモンや牡蠣にも合うそうです。ファランギーナは、同じくカンパーニアの白の土着新種、フィアーノグレココーダ・ディ・ヴォルペと同様、ローマ人が好きだった品種だそうです。
f0329429_04400338.jpg
これもカンパーニア州の土着品種アリアニコ(赤)。2000年前にギリシャ人がカンパーニアに持ち込んだ品種だそうです。
ウヴァ・エレニカ(ギリシャのブドウという意味)とも呼ばれていて、スペインに支配された時代にエレニカがスペイン風の発音になり、アリアニコになったそうです。扱いが難しいぶどう品種の様で、アリアニコのワインは、造り手によって当たり外れがあるような気がします。
f0329429_04403288.jpg
f0329429_04403583.jpg
f0329429_04404133.jpg
リモンチェッロ。
f0329429_04405247.jpg
朝食の時には、他のお客さんはすべてチェックアウト済みでした。車が混まないうちにナポリの町を脱出したかったのでしょう。これから、ナポリの郊外、世界遺産ポンペイへ向かいます。
f0329429_04443153.jpg
ヴェスヴィオ火山が見えてきました。ポンペイは、約1900年前のヴェスヴィオ火山の大噴火での火砕流によって一瞬にして完全に地中に埋もれた古代都市です。1748年にポンペイが再発見され、建造物の完全な形や当時の壁画を明らかにするために発掘が始まり、現在も発掘は続けられているそうです。古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡で世界遺産に登録されています。
f0329429_15462909.jpg
ポンペイは、古代ローマの伝統を守り、ほぼ直角に交差する直線の大通りによって規則的に区切られ、計画的に設計された町だったそうです。
f0329429_17173623.jpg
馬車は進入禁止、という石が置かれています。
f0329429_15464670.jpg
現代のバールのように立ったまま飲食できるカウンターが町の中に沢山ありました。壷の「レジ」の中に、手つかずの状態で682セステルス(古代ローマの貨幣単位)が入っていたそうです。カウンターの穴にはワインや料理などを入れていたようです。火砕流の速度は時速 100km以上、一瞬にして5 メートルの深さに町全体を飲み込んだ火砕流が、当時の人々の生活をそのままの状態で保存しました。
f0329429_15470904.jpg
ポンペイとその周辺の別荘からは多数の壁画が発掘され、古代ローマの絵画を知る上で重要な作品群となっています。ポンペイの人々を襲った火砕流堆積物には乾燥剤として用いられるシリカゲルに似た成分が含まれていたため、湿気を吸収し、町全体を隙間なく埋め尽くしたため、壁画や美術品の劣化が最小限に食い止められたそうです。絵具として使われた壁に残る深紅の色合いはいまだに鮮明で、この独特で赤茶けた色調の赤色は、「ポンペイの赤」と呼ばれています。
f0329429_15471997.jpg
大理石のモザイク床のある邸宅跡。ポンペイは、裕福なローマ市民が住む商業都市だったそうです。
f0329429_16593037.jpg

f0329429_15484398.jpg
1つの町全体が遺跡になっているので、かなり歩くことになります。
f0329429_15484804.jpg
スタビアーネ浴場。天井や壁に綺麗な壁画が残っています。これは、サウナを出た後に入る水の浴槽だそう。
f0329429_15485442.jpg
ポンペイを壊滅させたヴェスヴィオ火山を背景にしたポンペイの町。遺跡から見る雄大なヴェズビオ火山はとても美しく、ポンペイを滅ぼしたことが皮肉に思えてきます。
f0329429_15490081.jpg
ヴィーナス神殿。
f0329429_15490689.jpg

f0329429_15491523.jpg
アポロ神殿。
f0329429_15492411.jpg
遺跡には、ところどころブロンド像が残っています。
f0329429_15494698.jpg
座ったまま埋もれた人。手で口を覆って灰を吸わないように呼吸をしていたのでしょうか?
f0329429_15494035.jpg
発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていました。考古学者たちはここに石膏流し込み、ポンペイの人々が死んだときの形を再現しました。
f0329429_16575950.jpg

f0329429_15500035.jpg

f0329429_15501303.jpg
悲劇詩人の家の入口には、白と黒のモザイクで鎖につながれた犬が描かれ、下には「猛犬に注意!」と書かれているそうです。
f0329429_15501808.jpg
可愛い!
f0329429_15502930.jpg
f0329429_15500480.jpg
ポンペイの悲劇が皮肉にも古代ローマ帝国の栄華を今に伝える貴重な資料になっています。
f0329429_15504095.jpg
ポンペイの邸宅の中でも最も名高いものの一つ、牧神の家。イタリア的要素が強いことに加え、ヘレニズム的要素もあります。オリジナルの牧神のブロンズ像。
f0329429_15504513.jpg
大きさはこのくらい。
f0329429_15505351.jpg
f0329429_15511085.jpg
最も素晴らしい状態で保存された遺跡のひとつとして、当時使われていた設備が完全に保存されていたパン屋。2つの溶岩石でできた挽き臼、パンをこねる台、焼き釜からは81個の炭化したパンも発見されたそうです。発掘された排泄物や骨の調査から、身分によって食事の内容が違う事はなく、皆健康的な食生活を送っていたそうです。
f0329429_15511551.jpg
整備された上下水道の水道の弁は、水の量を調節する仕組みが現在とほとんど変わらず、きれいな水を町中に送っていました。
f0329429_15512143.jpg
市民が残した落書き(ツイッターのような役割があったそうです)。ポンペイの人口は、1万人以上と推定されているようですが、壁画、バール、浴場などからローマ帝国の市民たちの贅沢で、享楽的な暮らしぶりを感じられました。
f0329429_15512551.jpg
円形闘技場の外観。
f0329429_16594708.jpg
ポンペイ遺跡の最大の見どころ、と言われている秘儀荘は、前回訪問時に見たので、先を急ぎます。

<関連記事>【イタリア】日本で買えるカンパーニア州のワイン<フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ社で購入したワイン>



[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-12 18:04 | イタリア  

<< 【世界遺産】2年に1回のブリュ... 【世界遺産】旅と芸術を愛したハ... >>