【プーリア州】とんがり屋根のトゥルッリ街道(?)を通って白亜の丸い町、ロコロトンド(Locorotondo)のワイナリーへ

f0329429_16295985.jpg
サレント半島のレッチェから100km先のロコロトンドを目指します。
f0329429_17290774.jpg
両側にトゥルッリが見えてきました。プーリア州には、トゥルッリというとんがり屋根の石の家が密集しているイトリアの谷、アルベロベッロ、ロコロトンド、マルティーナ・フランカをはじめとする美しい町々がある一帯があります。
f0329429_17292373.jpg
ロコロトンドの町を見渡せる高台に向かいます。
f0329429_17292936.jpg
上部が白くないトゥルッリ。
f0329429_17293566.jpg
f0329429_17294010.jpg
f0329429_17294638.jpg
f0329429_17295817.jpg
f0329429_17302293.jpg
高台から。トゥルッリがオリーブの木と一緒に点在しています。
f0329429_17303706.jpg
ロコロトンドの町。
f0329429_17305451.jpg
トゥルッリ街道(?)に戻ってロコロトンドに向かいます。
f0329429_17311134.jpg
標高410mにある円形の町、ロコロトンドが見えてきました。
f0329429_17344380.jpg
ロコロトンドの重要な産業は、ワイン作りで、別名ワインの町と呼ばれています。
f0329429_17312787.jpg
ロコロトンドのワイナリーに到着。駐車場からもトゥルッリが沢山見えます。
f0329429_17323571.jpg
f0329429_17313394.jpg
f0329429_17313916.jpg
f0329429_17315146.jpg
f0329429_17322102.jpg
f0329429_17323905.jpg
試飲コーナー。
f0329429_17321562.jpg
この青い花模様は、プーリアの陶器の定番模様です。
f0329429_17324522.jpg

f0329429_17320015.jpg

f0329429_17325007.jpg
町の名を冠した白ワイン”ロコロトンド”など、デイリーワインにぴったりなものが多かったので、箱買いしました。かすかに感じる柑橘系の香りは、いかにも南イタリアのワインらしく、魚介料理に合いそうです。
f0329429_17325767.jpg
嬉しいお値段。
f0329429_17330107.jpg
f0329429_17334599.jpg
ロコロトンドには、“円形の場所”という意味があります。ナビを見たら確かに丸いです。丸い形の町はロコロトンドだけではなく、近くのマルティーナ・フランカなどもそうらしく、丸い形は、先史時代の集落の名残だそうです。
f0329429_17342463.jpg
ロコロトンドをアルファベットで書くとLocorotondo。町名の綴りにoが5つも入っていることから、ギネス記録になっているそうです。
f0329429_17350175.jpg
ロコロトンドの旧市街。一面真っ白で、綺麗に掃除されていて、エレガントな町並み。ロコロトンドの楽しみは、この迷路のような 白亜の町の散策です。

f0329429_17351653.jpg
ロコロトンドの人は綺麗好きで、自分の家や近所の家をモップで毎日水拭きしているので、町はいつも綺麗に保たれているそうです。
f0329429_17352292.jpg
f0329429_17434376.jpg
トゥルッリが群れ集まった町、世界遺産アルベロベッロに向かいます。

[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-26 04:22 | イタリア  

<< 【プーリア州の世界遺産】とんが... 【プーリア州】サレント半島の中... >>