フランスのノール地方、シトー会のヴォーセル修道院(Abbaye de Vaucelles)へ

f0329429_19201693.jpg

今回は、フランスの修道院巡りの旅です。起伏のある道路、景色はまさにフランスの美しい道!長距離ドライブの疲れも癒されます。

f0329429_19214697.jpg

北フランスで有名な建物の1つ、ヴォーセル修道院の看板が出てきました。

f0329429_19204594.jpg
ヴォーセル修道院に到着。
f0329429_19220153.jpg
f0329429_19231794.jpg
ヴォーセル修道院の外観。ヴォーセル修道院は、シトー会の修道院で、サン・ベルナールによって1132年に建てられました。
f0329429_19232731.jpg
13世紀のシトー会全盛期には、この修道院には700名の修道士が住んでいたそうです。
f0329429_19240473.jpg
修道士の部屋。受付でも説明されましたが、結婚式があるそうで既にセットアップされていました。
f0329429_19254344.jpg
禁欲的で厳格な規律のあったシトー会の修道士の部屋は、すっかり華やかになっています。
f0329429_19261283.jpg
1145年に完成したころは、写本室だったそうです。この部屋のちかくにある廃墟になっている図書室には、非常に価値の高い書籍や写本が40,000冊所蔵されていたそうです。図書室は、革命の時にカンブレイに移転され、2つの世界大戦で破壊されました。
f0329429_19264196.jpg
f0329429_19265498.jpg
パーラー。修道士はこの場所では会話が出来ました。
f0329429_19271936.jpg
f0329429_19273061.jpg
修道士の部屋と同じ様な構造のチャプターハウス(修道士が話し合いをする場所)。ヨーロッパのシトー会のチャプターハウスで一番大きいものだそうです。柱頭彫刻は、すべて同じでアルムの葉がモチーフです。
f0329429_19273665.jpg
この場所での結婚式の立食パーティの準備中でした。
f0329429_19274197.jpg
f0329429_19281109.jpg
礼拝堂。
f0329429_19282882.jpg
庭の植木が丸くて、大きさがまちまちで可愛らしい。
f0329429_19283357.jpg
f0329429_19284886.jpg
修道院の模型。
f0329429_19291365.jpg
受付にあるショップ。
f0329429_19285485.jpg

カンブレイの郷土飴。ミントが基本で、フランボワーズ、他のフレーバーもあります。

f0329429_19292012.jpg

修道院で作っている、ビールやジャム。

f0329429_19292786.jpg
牧歌的な風景が続きます。
f0329429_19302092.jpg
f0329429_19315189.jpg

ホテルまでの通り道だったので、以前訪れた薔薇の村、ジェルブロアに立ち寄ります。

f0329429_19315794.jpg


ジェルブロアの教会が見えてきました。

f0329429_19320926.jpg

ジェルブロアに到着。

f0329429_19321661.jpg

残念ながら満開の時期には早すぎたようですが、懐かしく散策しました。

f0329429_19325990.jpg

ホテルに向かいます。

<関連記事>
〔フランスの最も美しい村〕バラの村・ジェルブロワ(Gerberoy)


[PR]

by Laviequotidienne | 2015-05-27 19:23 | フランス  

<< サンティアゴ・デ・コンポステー... 【ピエモンテワイン街道の旅】ア... >>