カテゴリ:イタリア( 17 )

 

【プーリア州の世界遺産】とんがり屋根のトゥルッリが立ち並ぶ白いメルヘンの町、アルベロベッロへ


f0329429_04351828.jpg
アルベロベッロに到着。町の入口には日本語の看板も。トゥルッリを改装したホテルもあります。


f0329429_04352763.jpg
イタリア語講座で紹介された(?)手作りミニチュア店。
f0329429_04353215.jpg

f0329429_04353706.jpg
トゥルッリの盆栽?
f0329429_04354281.jpg

f0329429_04355116.jpg
ミニオリーブの木とトゥルッリでわび・さびの世界!
f0329429_04360738.jpg
童話の世界から抜け出たような可愛らしいトゥルッリですが、この形になったのは領主が家屋にかかる税金逃れため、すぐに解体できるように、村人に命じたことからだそうです。

アルベロベッロの旧市街には、モンティ地区とアイア・ピッコラ地区の二つの地区があり、1430戸のトゥルッリがあるそうです。
まずは、観光地化されているモンティ地区へ。モンティ地区には、トゥルッリは、1030戸あり、モンティ地区のトゥルッリ群の多くは土産物店や飲食店として利用されています。
f0329429_04362006.jpg
屋根に描かれているシンボルにはそれぞれ土着の宗教やキリスト教などに由来しています。
石灰岩を積んで作られるトゥルッリは最後に頂の穴を塞ぐために尖塔をつけます。尖塔のてっぺんに載せる石は遊び心を加えて様々な形に作られるそうです。
f0329429_04361585.jpg

f0329429_04360267.jpg

f0329429_04363189.jpg

f0329429_04363867.jpg

f0329429_04372693.jpg

f0329429_04370795.jpg
プーリアの定番柄。
f0329429_04375280.jpg

f0329429_04380976.jpg

f0329429_04384096.jpg

f0329429_04384811.jpg
これを見ていたら、お店の人が後ろから鍋つかみと言ってちょっとびっくり。日本人の観光客が多いのでしょうね。
f0329429_04385866.jpg

f0329429_04382862.jpg
お店の天井。
f0329429_05072952.jpg
トゥルッリ屋根でできたサンタントニオ教会。
f0329429_04393159.jpg
アルベロベッロの2人の守護聖人の名を冠したサンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂。
左右に対照にそびえる鐘楼が特徴です。
f0329429_04394014.jpg
聖堂正面の半円形の装飾。
f0329429_04395578.jpg
地元の人々の住宅として使われているトゥルッリが並ぶアイア・ピッコラ地区へ。
f0329429_04405858.jpg
モンティ地区と対照的に人通りも少なく、ひっそりとしています。
f0329429_04402973.jpg

f0329429_04402026.jpg
アルベロベッロで最も大きな、君主のトゥルッロ(トゥルッリは複数形)。君主のトゥルッロというだけあって当時の建築技術と様式の粋を集め、12ものトゥルッリ屋根を持つ希少な2階建て造りとなっています。 長い歴史の中で領主の居城、礼拝堂、僧院など、様々な役割を果たしてきたそうです。
f0329429_04404007.jpg
物件が売り出し中です。
f0329429_04404529.jpg
これは、5万ユーロ。
f0329429_04405286.jpg
20万ユーロ。
f0329429_04392648.jpg
ビューポイント、ベルベデーレ(Belvedere)へ。
f0329429_04410977.jpg
トゥルッリは、近隣の町にもあるのですが、アルベロベッロの特徴はトゥルッリが集合している町並みです。
f0329429_04412047.jpg
ローマ皇帝フェデリーコ二世が残した謎の城、世界遺産カステル・デル・モンテに向かいます。


[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-26 16:38 | イタリア  

【プーリア州】とんがり屋根のトゥルッリ街道(?)を通って白亜の丸い町、ロコロトンド(Locorotondo)のワイナリーへ

f0329429_16295985.jpg
サレント半島のレッチェから100km先のロコロトンドを目指します。
f0329429_17290774.jpg
両側にトゥルッリが見えてきました。プーリア州には、トゥルッリというとんがり屋根の石の家が密集しているイトリアの谷、アルベロベッロ、ロコロトンド、マルティーナ・フランカをはじめとする美しい町々がある一帯があります。
f0329429_17292373.jpg
ロコロトンドの町を見渡せる高台に向かいます。
f0329429_17292936.jpg
上部が白くないトゥルッリ。
f0329429_17293566.jpg
f0329429_17294010.jpg
f0329429_17294638.jpg
f0329429_17295817.jpg
f0329429_17302293.jpg
高台から。トゥルッリがオリーブの木と一緒に点在しています。
f0329429_17303706.jpg
ロコロトンドの町。
f0329429_17305451.jpg
トゥルッリ街道(?)に戻ってロコロトンドに向かいます。
f0329429_17311134.jpg
標高410mにある円形の町、ロコロトンドが見えてきました。
f0329429_17344380.jpg
ロコロトンドの重要な産業は、ワイン作りで、別名ワインの町と呼ばれています。
f0329429_17312787.jpg
ロコロトンドのワイナリーに到着。駐車場からもトゥルッリが沢山見えます。
f0329429_17323571.jpg
f0329429_17313394.jpg
f0329429_17313916.jpg
f0329429_17315146.jpg
f0329429_17322102.jpg
f0329429_17323905.jpg
試飲コーナー。
f0329429_17321562.jpg
この青い花模様は、プーリアの陶器の定番模様です。
f0329429_17324522.jpg

f0329429_17320015.jpg

f0329429_17325007.jpg
町の名を冠した白ワイン”ロコロトンド”など、デイリーワインにぴったりなものが多かったので、箱買いしました。かすかに感じる柑橘系の香りは、いかにも南イタリアのワインらしく、魚介料理に合いそうです。
f0329429_17325767.jpg
嬉しいお値段。
f0329429_17330107.jpg
f0329429_17334599.jpg
ロコロトンドには、“円形の場所”という意味があります。ナビを見たら確かに丸いです。丸い形の町はロコロトンドだけではなく、近くのマルティーナ・フランカなどもそうらしく、丸い形は、先史時代の集落の名残だそうです。
f0329429_17342463.jpg
ロコロトンドをアルファベットで書くとLocorotondo。町名の綴りにoが5つも入っていることから、ギネス記録になっているそうです。
f0329429_17350175.jpg
ロコロトンドの旧市街。一面真っ白で、綺麗に掃除されていて、エレガントな町並み。ロコロトンドの楽しみは、この迷路のような 白亜の町の散策です。

f0329429_17351653.jpg
ロコロトンドの人は綺麗好きで、自分の家や近所の家をモップで毎日水拭きしているので、町はいつも綺麗に保たれているそうです。
f0329429_17352292.jpg
f0329429_17434376.jpg
トゥルッリが群れ集まった町、世界遺産アルベロベッロに向かいます。

[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-26 04:22 | イタリア  

【プーリア州】サレント半島の中心都市、バロックのフィレンツェ、レッチェ(Lecce)へ

f0329429_16255232.jpg
レッチェのシンボル、サンタ・クローチェ教会。バカンス時期なのに、残念ながら修復中でした。
f0329429_16260451.jpg
バルコニーを支えているのは、レパントの戦いで打ち負かしたトルコの海賊や空想上の動物達だそう。
f0329429_16261080.jpg
使われている石は、レッチェ近郊で今も採掘される石灰岩、レッチェ石。
粒子が細かいので、加工しやすいそうです。
f0329429_16262209.jpg
時間や天候によって色が違って見えるそうです。黄昏時は、はちみつ色に輝くそうです。
f0329429_16262844.jpg

f0329429_16264029.jpg
内部。
f0329429_16264831.jpg
ドゥオーモ広場。
f0329429_16265996.jpg
f0329429_16270760.jpg
f0329429_16271366.jpg
f0329429_16271726.jpg
f0329429_16272387.jpg
f0329429_16272738.jpg
f0329429_16273331.jpg
レッチェもマテーラ同様2019年の欧州文化首都の候補地です。
f0329429_16274769.jpg
f0329429_16275290.jpg
市民の憩いの場、サントロンツォ広場。
f0329429_16275604.jpg
レッチェの守護聖人サントロンツォ。

レッチェは、治安が良いので、夜ライトアップされた町を楽しめると聞いて、レッチェに泊まることにしたのですが、昼間からちょっと怪しげな人達が歩いているし、治安は良いとはいえないと感じました。レストランの選択肢も少なく困っていたところ、たまたまレッチェの郷土料理を出す素敵なマダムがオーダーをとっているレストランを見つけました。
f0329429_16280693.jpg
f0329429_16281415.jpg
プーリア料理の特徴らしいですが、前菜の種類が多いです。
f0329429_16282453.jpg
f0329429_16282981.jpg
f0329429_16283859.jpg
f0329429_16284241.jpg
f0329429_16285990.jpg
前菜はここまで。
f0329429_16290338.jpg
ワインは、マダムおすすめのCantale Teresa Manara Salento IGT (Chardonnay - barrique)。
f0329429_16291317.jpg
f0329429_16291927.jpg
このパスタはユニークでかつ美味しかったです。下にあるパスタは美味しい魚貝のスープをすっているので、柔らかくなっていて、2種類の食感が楽しめます。
f0329429_16292517.jpg
プーリアの人は、「葉っぱ食い」と言われるほど昔から野菜(特に葉物野菜)を食べるそうです。旅行中は、どうしても野菜不足になるので、野菜炒めを沢山頂けるのは嬉しいです。
f0329429_16293312.jpg
町の雰囲気や、修復中の教会でレッチェで宿泊したのをちょっと後悔しましたが、こちらの食事は大満足でした。

<関連記事>
日本で買えるプーリア州のワイン(主な土着品種:ネグロアマーロ、プリミティーヴォ、ネーロ・ディ・トロイア、ボンビーノ・ネーロ、ボンビーノ・ビアンコ)


[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-21 17:14 | イタリア  

【プーリア州】イタリア最東端、アドリア海を望む人気のリゾート地オートラントへ

f0329429_02180325.jpg
バジリカータ州のマテーラから220kmのイタリアの最東端、プーリア州サレント半島のオートラントへ。
f0329429_02174592.jpg
ゴールの旗の場所がオートラントです。まさにイタリアのブーツのヒール部分です。
f0329429_02185725.jpg
オートラントに到着。
f0329429_02184451.jpg
今年のイタリア人のバカンス先のアンケートで、今までシチリアが1位だったそうですが、今年はプーリアが1位だったそうです。イタリア人は、夏休みはイタリア国内で過ごす人が多いそうですが、町を歩いて感じたのですが、オートラントは、イタリア人の観光客がほとんどだったと思います。プーリア州は海が綺麗なことで有名ですが、なかでもこのオートラント近郊のアドリア海は、「グイダ・ブルー」という海の美しさを評価する本で常に自然が守られていて、美しい海の上位にランクされ、オートラントは、プーリアで最も人気の高いリゾート地だそうです。納得の本当に美しい海です。

f0329429_02191821.jpg
城壁。1480年、大量の軍艦を連ねてやってきたオスマン・トルコ軍が、繁栄していたオートラントの町を徹底的に破壊します。オスマン・トルコ軍は、城、城壁、教会、家を壊し、民衆をとらえてイスラム教への改宗を強要し、拒むものは容赦なく首をはねました。
現在オートラントの旧市街を取り囲む物々しい城壁は、この1480年の惨劇の後にこれまでの防備を強化するために再建されたものだそうです。
f0329429_02193641.jpg
f0329429_02193157.jpg
リゾートらしく、素敵なビーチサンダルのお店が多かったです。
f0329429_02192419.jpg
f0329429_02194655.jpg
1088年にノルマン人によって建てられた大聖堂。
f0329429_02195351.jpg
f0329429_02195997.jpg
f0329429_02200718.jpg
f0329429_02244228.jpg
この大聖堂の見どころは、内部の床に広がっているモザイクです。
f0329429_02220970.jpg
入口に立つと、まず足元には2頭のインド象があります。背中合わせに立つその2頭のインド象の背から中央祭壇に向かってまっすぐ太い幹があります。幹の両側に枝が張り出し、動物や人がその間をびっしりと埋めています。これは「生命の木」と呼ばれるもので、旧約聖書において不死の象徴でした。
f0329429_02201347.jpg
旧約聖書、神話、歴史、文学などの場面が描かれています。アレクサンダー大王。
f0329429_02201924.jpg
800平米にも及ぶ床モザイクを手掛けたのは、12世紀の修道士パンテレオーネで、文字の読めない人々に神の世界を伝えるのが目的だったそうです。
f0329429_02203749.jpg
大聖堂の建物はオスマン・トルコ軍によって破壊され、一時はモスクになっていたそうですが、床モザイクは当時のまま残っています。
f0329429_02204480.jpg
f0329429_02204954.jpg
現代イラスト画みたいです。
f0329429_02205571.jpg
奥の礼拝堂には、イスラム教への改宗を拒んで殺された殉教者800人の頭蓋骨がガラス張りの壁面にぎっしりと供えられています。
f0329429_02211415.jpg
f0329429_02212116.jpg
f0329429_02220366.jpg

f0329429_02221615.jpg
中世らしい、想像上の動物達。
f0329429_02222315.jpg
4つの体をもつライオン。
f0329429_02222892.jpg
f0329429_02223823.jpg
バベルの塔。
f0329429_02224512.jpg
ノアが、神に啓示を受けている場面。現役の教会として使われているため、床モザイクの上には信者のための椅子が置かれています。
f0329429_02242273.jpg
イブと蛇。
f0329429_02225229.jpg
アダムとイヴ。木に上って禁断の実を求めるイヴと、後ろで引き止めるアダム。
f0329429_02225927.jpg
12個の大きな輪が、4つずつ3段になっています。これは月の寓意で、左上から右下へ、1月から12月までそれぞれの労働の場面と、その月の星座が描かれています。これは中世の聖堂で好まれた図像で、モザイクでこれだけ完全に現存するのはここだけだそうです。

f0329429_02230631.jpg

f0329429_02203260.jpg
人類で最初の殺人とされる、「カインとアベル」のエピソード。
f0329429_02231433.jpg
1本1本の線がとても表情豊かで、見れば見るほど引き込まれていきます。
f0329429_02235045.jpg
f0329429_02240980.jpg

地獄とサタン。

f0329429_02235688.jpg

二枚舌!

f0329429_02241601.jpg

f0329429_02244946.jpg

結局この床モザイク全体で何を意味しているのか正確にわからないところが、更に魅力を増しているそうです。

f0329429_02245786.jpg

ワインショップでプーリア州のワインを購入

f0329429_02190661.jpg

ギリシャの島への定期船も出ているそうです。
f0329429_02191236.jpg

透明で美しいアドリア海に後ろ髪を引かれながら、50km先のレッチェに向かいます。

<関連記事>
日本で買えるプーリア州のワイン(主な土着品種:ネグロ・アマーロ、プリミティーヴォ、ネーロ・ディ・トロイア、ボンビーノ・ネーロ、ボンビーノ・ビアンコ)


[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-20 18:01 | イタリア  

【世界遺産】マテーラのサッシ(洞窟住居)群へ

f0329429_18393371.jpg
世界遺産の町、バジリカータ州マテーラに向かいます。
f0329429_18394816.jpg
ぶどう畑。バジリカータ州(土着品種は、カンパーニア州と同様アリアニコ)もワインで有名です。
f0329429_16380296.jpg
マテーラに到着。

1993年にユネスコの世界遺産に登録されたマテーラの洞窟住居は、サッシ(Sassi)と呼ばれています。サッソ(Sasso)はイタリア語で「岩」(サッシは、複数形)という意味です。新石器時代には、横穴式住居に人々は住み、8世紀から13世紀にかけて、イスラム教徒からの迫害を逃れるため修道士が多く住み着き、サッシを構えたと言われています。白い廃墟のような町は、独特の趣きがあります。

2004年にメル・ギブソンが監督をした映画「パッション」 でゴルゴタの丘のシーンは、マテーラで撮影されたそうです。映画のロケ地をめぐる地図みたいなものを持って観光している人もいました。
f0329429_16382355.jpg
サッシの中心にある13世紀に建設されたプーリア・ロマネスク様式のドゥオーモ(大聖堂)。
f0329429_16381853.jpg
戦後出版された本によってイタリアの人々は、マテーラの洞窟住居を初めて知り、マテーラの人々の暮らしぶりにショックを受け、当時「国の恥」とまで呼ばれていたそうです。この本で国はマテーラ救済の法案成立に取り組み始めます。

住民は全員退去させられ、十数年廃墟化していましたが、貴重な洞窟住居として評価を受けるようになり、1986年から本格的な修復が始まります。現在では多くのサッシがレストランやお土産屋として利用されているだけでなく、実際に住み生活を営んでいる人達も多くいるそうです。
f0329429_16382918.jpg
サッシのある渓谷。谷の斜面は柔らかな凝灰石で出来ているので、すでにあった天然の洞窟を掘って横穴式住居を広げていったそうです。
f0329429_16384222.jpg
家族が増えると、横や奥、上から下へとほら穴を掘っていくので、中で穴がつながり、次第に複雑な構造を持つようになっていったそうです。
f0329429_16390785.jpg
f0329429_16502614.jpg
左がサン・ピエトロ・カヴェーゾ教会で、右がサンタ・マリア・デ・イドリス教会。
f0329429_16502100.jpg
サンタ・マリア・デ・イドリス教会。巨大な岩の塊を掘った洞窟部分と外側に建てた部分を合体させた外観は、サッシの中でも異彩を放っています。通路でサン・ジョヴァンニ・イン・モンテッローネ岩窟教会に続いています。12世紀から18世紀に描かれた貴重なフレスコ画があります。サッシ地区には洞窟を掘って作った教会が大小あわせて50近くあるそうです。
f0329429_16501207.jpg
サン・ピエトロ・カヴェオーゾ教会。
f0329429_16503392.jpg
内部に家具等を展示し、当時の生活がそのまま再現されているカーサ・グロッタ。この家は1700年代初期に岩を掘ってつくられた住居だそうです。
f0329429_16503877.jpg
ベッドの高さが高いのは、湿った床から寝わらを遠ざけるためや、卵をかかえた鶏の巣をつくるためだそうです。
f0329429_16504314.jpg
f0329429_16505835.jpg
家畜と一緒に住んでいたそうです。家畜と一緒に住むことでその体熱も 暖房の一つになっていたそうです。水道も電気もない貧しい洞窟住居で人間と動物が肩を寄せ合い、暮らしていたのですね。
f0329429_16510440.jpg
f0329429_16511110.jpg
f0329429_16520275.jpg
人々のつつましくもたくましい生活を感じました。
f0329429_16531796.jpg
f0329429_16540880.jpg
夕食は、ホテルの近くで
f0329429_16541912.jpg
マテーラパン。パスタに使われる硬質小麦を使っているので、黄色くモチモチしています。IGP(Indicazione Geografica Protetta)という「特産品保護指定」を取得しているそうです。このパンのためだけでもマテーラにまた行きたいくらい美味しかったです。
f0329429_16543196.jpg
バジリカータ州唯一のDOCG、アリアニコ・デル・ヴルトゥレ。ちなみにイタリアワインは、DOC, DOCG, DOP(DOCまたはDOCG)と表示出来ます。
f0329429_16544338.jpg
f0329429_16543754.jpg
f0329429_16553340.jpg
f0329429_16563000.jpg
翌朝、ホテルの人におすすめされた地下都市へ向かいます。
f0329429_16580267.jpg
ビュー・ポイント。
f0329429_16575389.jpg
f0329429_16564462.jpg
マテーラでオペラなんて、素敵ですね。
f0329429_16574679.jpg
ヴィットリオ・ヴェネト広場の地下世界の入口。残念ながらガイド付きツアーでかつ次のツアー開始の時間がまだまだ先だったので、ホテルに戻ります。
f0329429_16581251.jpg
f0329429_16582898.jpg
f0329429_16560279.jpg
部屋の壁に貝殻が沢山あったので、ホテルの人に確認してみると、このあたりが海だった時代のもので、本物だそうです。
f0329429_16555698.jpg
f0329429_16561667.jpg
2019年の欧州文化首都は、イタリアとブルガリアから1都市ずつ選出されるそうですが、マテーラは、イタリアの6つの候補地に選ばれているそうです(他の5つの都市は、レッチェ、ペルージャ、ラヴェンナ、シエナ、カリャリ)。短い間でしたが、なんだか愛着が湧いたので、是非マテーラが選ばれて欲しいです。
f0329429_16593313.jpg
イタリアのかかと、プーリア州オートラントに向かいます。

<関連記事>
【イタリア】バジリカータ州の唯一のDOCG、アリアニコ・デル・ヴルトゥレ


[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-19 21:46 | イタリア  

ナポリから古代ローマのタイムカプセル、世界遺産ポンペイへ


f0329429_15442022.jpg
カポディモンテ美術館でカラヴァッジョの「キリストの鞭刑」を見るためにナポリに宿泊したのですが、ホテルに行く途中で車から見た時に美術館の入口が落書きなどでかなり荒れている様子だったので、あきらめました。ナポリでの運転は、イタリア人も避けるほどひどいと言われていますが、今回肌で感じました。普通に逆走、勝手に車線を増やしたり、信号待ちをしていると勝手に車を掃除する人が現れるし、カオス状態です。ナポリを州都とするカンパーニア州は、群を抜いて美しい自然、無数の観光地、温暖な気候が生む素晴らしい食材、豊富な労働力、大きな港など、経済発展の条件は整っているのに、犯罪組織カモッラの強い影響力、行政の腐敗もあり、貧困さから抜け出せないようです。
f0329429_15445455.jpg
ホテルの外で食事をする気力もなくなったので、限られたメニューでしたが、夕食はホテルで取ることに。
f0329429_04401818.jpg
ナポリに来ているので、本来ならば世界一美味しいと言われているカンパーニア州のトマト、カンパーニア州の国民食モッツァレラチーズ、バジリコを使ったシンプルなピッツァ・マルゲリータを頂きたいところですが、しょうがありません。
f0329429_04402798.jpg

f0329429_04395867.jpg
カンパーニア州の土着品種、ファランギーナファランギーナは、少し甘味のある柔らかいワインなので、和食では少し甘味のあるお寿司にも合い、イタリアンなら少し酸味が必要なサーモンや牡蠣にも合うそうです。ファランギーナは、同じくカンパーニアの白の土着新種、フィアーノグレココーダ・ディ・ヴォルペと同様、ローマ人が好きだった品種だそうです。
f0329429_04400338.jpg
これもカンパーニア州の土着品種アリアニコ(赤)。2000年前にギリシャ人がカンパーニアに持ち込んだ品種だそうです。
ウヴァ・エレニカ(ギリシャのブドウという意味)とも呼ばれていて、スペインに支配された時代にエレニカがスペイン風の発音になり、アリアニコになったそうです。扱いが難しいぶどう品種の様で、アリアニコのワインは、造り手によって当たり外れがあるような気がします。
f0329429_04403288.jpg
f0329429_04403583.jpg
f0329429_04404133.jpg
リモンチェッロ。
f0329429_04405247.jpg
朝食の時には、他のお客さんはすべてチェックアウト済みでした。車が混まないうちにナポリの町を脱出したかったのでしょう。これから、ナポリの郊外、世界遺産ポンペイへ向かいます。
f0329429_04443153.jpg
ヴェスヴィオ火山が見えてきました。ポンペイは、約1900年前のヴェスヴィオ火山の大噴火での火砕流によって一瞬にして完全に地中に埋もれた古代都市です。1748年にポンペイが再発見され、建造物の完全な形や当時の壁画を明らかにするために発掘が始まり、現在も発掘は続けられているそうです。古代ローマの都市と人々の生活ぶりをほぼ完全な姿で今に伝える貴重な遺跡で世界遺産に登録されています。
f0329429_15462909.jpg
ポンペイは、古代ローマの伝統を守り、ほぼ直角に交差する直線の大通りによって規則的に区切られ、計画的に設計された町だったそうです。
f0329429_17173623.jpg
馬車は進入禁止、という石が置かれています。
f0329429_15464670.jpg
現代のバールのように立ったまま飲食できるカウンターが町の中に沢山ありました。壷の「レジ」の中に、手つかずの状態で682セステルス(古代ローマの貨幣単位)が入っていたそうです。カウンターの穴にはワインや料理などを入れていたようです。火砕流の速度は時速 100km以上、一瞬にして5 メートルの深さに町全体を飲み込んだ火砕流が、当時の人々の生活をそのままの状態で保存しました。
f0329429_15470904.jpg
ポンペイとその周辺の別荘からは多数の壁画が発掘され、古代ローマの絵画を知る上で重要な作品群となっています。ポンペイの人々を襲った火砕流堆積物には乾燥剤として用いられるシリカゲルに似た成分が含まれていたため、湿気を吸収し、町全体を隙間なく埋め尽くしたため、壁画や美術品の劣化が最小限に食い止められたそうです。絵具として使われた壁に残る深紅の色合いはいまだに鮮明で、この独特で赤茶けた色調の赤色は、「ポンペイの赤」と呼ばれています。
f0329429_15471997.jpg
大理石のモザイク床のある邸宅跡。ポンペイは、裕福なローマ市民が住む商業都市だったそうです。
f0329429_16593037.jpg

f0329429_15484398.jpg
1つの町全体が遺跡になっているので、かなり歩くことになります。
f0329429_15484804.jpg
スタビアーネ浴場。天井や壁に綺麗な壁画が残っています。これは、サウナを出た後に入る水の浴槽だそう。
f0329429_15485442.jpg
ポンペイを壊滅させたヴェスヴィオ火山を背景にしたポンペイの町。遺跡から見る雄大なヴェズビオ火山はとても美しく、ポンペイを滅ぼしたことが皮肉に思えてきます。
f0329429_15490081.jpg
ヴィーナス神殿。
f0329429_15490689.jpg

f0329429_15491523.jpg
アポロ神殿。
f0329429_15492411.jpg
遺跡には、ところどころブロンド像が残っています。
f0329429_15494698.jpg
座ったまま埋もれた人。手で口を覆って灰を吸わないように呼吸をしていたのでしょうか?
f0329429_15494035.jpg
発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていました。考古学者たちはここに石膏流し込み、ポンペイの人々が死んだときの形を再現しました。
f0329429_16575950.jpg

f0329429_15500035.jpg

f0329429_15501303.jpg
悲劇詩人の家の入口には、白と黒のモザイクで鎖につながれた犬が描かれ、下には「猛犬に注意!」と書かれているそうです。
f0329429_15501808.jpg
可愛い!
f0329429_15502930.jpg
f0329429_15500480.jpg
ポンペイの悲劇が皮肉にも古代ローマ帝国の栄華を今に伝える貴重な資料になっています。
f0329429_15504095.jpg
ポンペイの邸宅の中でも最も名高いものの一つ、牧神の家。イタリア的要素が強いことに加え、ヘレニズム的要素もあります。オリジナルの牧神のブロンズ像。
f0329429_15504513.jpg
大きさはこのくらい。
f0329429_15505351.jpg
f0329429_15511085.jpg
最も素晴らしい状態で保存された遺跡のひとつとして、当時使われていた設備が完全に保存されていたパン屋。2つの溶岩石でできた挽き臼、パンをこねる台、焼き釜からは81個の炭化したパンも発見されたそうです。発掘された排泄物や骨の調査から、身分によって食事の内容が違う事はなく、皆健康的な食生活を送っていたそうです。
f0329429_15511551.jpg
整備された上下水道の水道の弁は、水の量を調節する仕組みが現在とほとんど変わらず、きれいな水を町中に送っていました。
f0329429_15512143.jpg
市民が残した落書き(ツイッターのような役割があったそうです)。ポンペイの人口は、1万人以上と推定されているようですが、壁画、バール、浴場などからローマ帝国の市民たちの贅沢で、享楽的な暮らしぶりを感じられました。
f0329429_15512551.jpg
円形闘技場の外観。
f0329429_16594708.jpg
ポンペイ遺跡の最大の見どころ、と言われている秘儀荘は、前回訪問時に見たので、先を急ぎます。

<関連記事>【イタリア】日本で買えるカンパーニア州のワイン<フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ社で購入したワイン>



[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-12 18:04 | イタリア  

【世界遺産】旅と芸術を愛したハドリアヌス帝の夢、ヴィッラ・アドリアーナ

ヴィッラ・アドリアーナ(ハドリアヌス帝の別荘)は、ローマの五賢帝の一人ハドリアヌス帝(イタリア名:アドリアーナ)が118〜138年にかけて建てさせた広大な別荘です。120ヘクタールあまりの広さは、歴代皇帝が作ったヴィッラの中でも最大の規模だそうです。

ハドリアウス帝は、トラヤヌス帝までのローマ皇帝の領土拡大路線を継承せず、頻繁に領土を巡察(在位期間21年のうちローマには7年程度しか滞在していない)し、ローマ帝国の防備と安定に努めました。

ハドリアヌス帝は領地を巡察しながら、守備隊を整備し、官僚制度を始め法律を作り、詩や絵画などの諸芸術にも多彩な才を発揮し、ローマの文芸活動の保護にも努めました。特に建築には秀でていて、ハドリアヌス帝の建築群は後世の建築やデザインにも大きく影響を及ぼしたそうです。

妻もいましたが同性愛者だったハドリアヌス帝の愛は、領土巡察の時に見初めたギリシャの少年アンティノウスに注がれ、ハドリアヌス帝は、彼を一時も側を離れさせませんでした(ちなみにアンティノウスは当時15歳前後、ハドリアヌスは40代後半)。ハドリアヌス帝は誰にも邪魔されることなく、アンティノウスと愛を語り合うためにローマの喧噪から離れた高級避暑地ティヴォリに巡察旅行で魅了された建物や風景を偲ばせる建造物を再現させたヴィッラ(別荘)を建設します。

130年、ナイル川でアンティノウスが溺死(ワニに食べられた?)してしまいます。その死の状況は、ハドリアヌス帝の寵愛を一身に受ける若者を危惧した者の暗殺説、独占欲か高じたハドリアヌス帝の殺人説、愛する者の死によってのみ皇帝の願いが成就するという神託を受けたための自殺説、などがあり、いまだに謎に包まれています。

ハドリアヌス帝は来る日も来る日も泣き続け、人目を顧みず

f0329429_15411726.jpg
国中にアンティノウスの像を建て、ヴィッラ・アドリアーナにも数百体のアンティノウスの像を飾り、事故の起きた場所の対岸に新都市アンティノポリスを建設します。アンティノウスは神格化され、その後信仰の対象となっていきます。

完成からわずか4年でハドリアヌス帝が亡くなった後は、ヴィッラ・アドリアーナは、すっかり忘れ去られて放置され、略奪されるにまかされ、15世紀に入って美術品を求めて、ピッロ・リゴーリオ(ヴィッラ・デステ=エステ家の別荘の設計者)などがこの別荘を発掘しはじめます。

f0329429_16413589.jpg

城壁は、綺麗に残ってます。

f0329429_22020640.jpg
ギリシャのアテナイのアゴラにあった彩色柱廊(ポイキレ)を模したポイキレ。昼食後にハドリアヌス帝がこの辺りを散歩をしたそう。
f0329429_15412525.jpg
アンティノウスの死を深く悼んだハドリアヌス帝は、ナイル川の模倣を建設します。ヴィッラ・アドリアーナの最大の見所、エジプトの2つの古代都市であるアレクサンドリアとカノープスをつなぐ運河をイメージしたカノープス。
f0329429_22062292.jpg
f0329429_22043054.jpg
f0329429_15400822.jpg
運河の周囲にはギリシア神話の神像や
f0329429_22043541.jpg
女神の像。完成当時は運河の周囲を部屋が取り囲んでおり、
f0329429_22054096.jpg
カリアティード(古代ギリシャの神殿建築で、円柱の代わりに梁を支える役目をする女性立像)が屋根を支えていたそうです。
f0329429_15394720.jpg
因縁(?)のワニも。
f0329429_22053057.jpg
美しく、もの悲しい雰囲気が漂っています。
f0329429_22061233.jpg
f0329429_16414463.jpg
アンティノウスのお墓。

f0329429_15421925.jpg
f0329429_15423371.jpg
f0329429_15422746.jpg
床モザイク。
f0329429_15420215.jpg
周囲を列柱で囲まれた養魚池。
f0329429_15425242.jpg
ギリシャ語図書館。
f0329429_15425865.jpg
ヘリオカミヌス(太陽熱浴場)。
f0329429_15434017.jpg
哲学者の間。
f0329429_15441258.jpg
f0329429_15424577.jpg
所々に植えられているオリーブの木。

f0329429_15400243.jpg

f0329429_16374914.jpg

敷地内には、古代ローマ人の社交の場、浴場がいくつもありました。これは、大浴場。

f0329429_15391049.jpg
丘から眺めた大浴場。オペラか演奏会の準備でしょうか?
f0329429_22023561.jpg
古代ローマの耐震構造!この溝に鉛を流して柱をしっかり固定したそうです。
f0329429_15423858.jpg
多くの建物が2層構造になっています。古代ローマでは、地上に暮らす上流階級、地下に暮らす奴隷はきっちり分けられ、決して普段の生活の中で鉢合わせしないような建築構造だったそうです。

f0329429_16421802.jpg
ハドリアヌス帝の隠れ家的な場所として建てられた「海の劇場」(修復中で見られませんでした)。
柱を円形に並べ、中央に池を造ってその中に人工の島を浮かべた劇場へは、一本の橋からしか行けません。ハドリアヌス帝はしばしばここへ渡り、物思いにふけったり、アンティノウスと愛を語り合ったと言われています。
f0329429_15431670.jpg
アンティノウス像を色々な角度から。
f0329429_15411726.jpg
f0329429_15405309.jpg
f0329429_15410087.jpg
f0329429_15410509.jpg
f0329429_15435765.jpg
今日の宿泊地、ナポリに向かいます。


[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-07 23:06 | イタリア  

【世界遺産】エトルリアの町、タルクィニアの国立博物館と死者の町、ネクロポリへ



f0329429_04461120.jpg

オルヴィエートから、エトルリアの町タルクィニアへ。国立タルクィニア美術館。
f0329429_04473471.jpg
エトルリア芸術の頂点を示していると言われる「有翼馬」。
f0329429_04444853.jpg
チェックしていたエトルリア料理のレストランはお休みだったので、広場近くのレストランへ。

f0329429_04460408.jpg
f0329429_04451652.jpg
トマトが美味しいからでしょうか?シンプルなブルスケッタが美味しい。
f0329429_04452803.jpg
f0329429_04453605.jpg
f0329429_04455073.jpg

f0329429_04451123.jpg
ランチにはタルクィニアの造り手、テヌータ サンティジドーロ(Tenuta Sant'Ishidoro)のフォルカ・ディ・パルマ(Forca di Palma)を頂きました。ラベルは、タルクィニアの町です。
f0329429_04475947.jpg
ネクロポリ「死者の町」(ローマ人の前の先住民エトルリア人の墓地群)へ。
f0329429_15132277.jpg
緑の草原にこのような建物がいくつかあって、
f0329429_04360952.jpg
下に階段が続いてお墓に入れます。それぞれのお墓に紀元前6世紀頃の美しい壁画があり、当時のエトルリア人の生活が見てとれます。
f0329429_15150125.jpg
部屋の壁一面にカラフルな色彩を用いて、当時の生活が描かれています。 死者があの世でもこの世と変わりない優雅な生活を送れるように祈ったためだそうです。
f0329429_16011271.jpg

f0329429_16005462.jpg

f0329429_16015581.jpg

f0329429_15581732.jpg

f0329429_15593607.jpg

f0329429_15582353.jpg

f0329429_16011271.jpg
今日の宿泊地、ティボリへ。
f0329429_15250984.jpg
夜のティボリは町の中心でも暗く、想像していたよりずっと治安が悪そうだったので、ホテルの人にホテルに近いレストランを聞き、夕食へ。
f0329429_15261151.jpg
f0329429_15252028.jpg

f0329429_15253950.jpg

f0329429_16141245.jpg

f0329429_15250497.jpg
ティボリは、ラツィオ州なので、ワインは、ラツィオ州の土着品種(チェザネーゼ、マルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディア、マルヴァジア・デル・ラツィオ)を注文したかったのですが、イタリア各地の有名なワインしかなかったので、お店の人に珍しいワインを聞いたら、こちらのペコリーノ テッレ ディ キエーティ(アブルッツォ州)を強くすすめられました。ペコリーノは、有名なイタリアのチーズと同じ名前ですが、長い間忘れられていて1995年頃に復活したアブルッツォの土着品種のワインだそうです。アブルッツォ州は、穏やかな気候の土地故に、古代ローマ以前のエトルリア人によって始められたと言う古い葡萄栽培の歴史を持つそうです。色は、少しグリーンがかった麦わら色、トロピカルフルーツ、桃、はちみつ、かすかな花の香りで、しっかりとしたワインですが、繊細な部分もあり料理にも合って美味しかったです。珍しいワインを紹介して頂きました。

<関連記事>
エトルリアの町、タルクィニアのワインの造り手、テヌータ サンティジドーロ(Tenuta Sant'Ishidoro)のフォルカ・ディ・パルマ(Forca di Palma)

ラツィオ州とアブルッツォ州のワイン






[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-05 20:28 | イタリア  

【イタリア・ウンブリア州】ゴシック、ロマネスク、ビザンチンの完璧な融合!燦然と黄金に輝くオルヴィエート大聖堂

f0329429_15364841.jpg

静かに鑑賞したかったので、少し早めにドゥオーモへ。

f0329429_15410790.jpg
第一印象は、装飾よりも色彩の鮮やかさ、そしてなんてエレガントな大聖堂。
オルヴィエートは、日本ではまだあまり知られていませんが、人気の観光地だそうです。

紀元前まで歴史を遡ることのできるオルヴィエートは14世紀頃、シエナのライバルとして栄え、ローマ教皇もローマ不在時にはオルヴィエートに滞在したそうです。そのため、このようなイタリアを代表するゴシック大聖堂が存在するそうです。

着工当初はロマネスク様式だったそうですが、最終的にゴシック様式の教会として完成し、その後も増改築が続けられました。延べ33人の建築家、152人の彫刻家、68人の画家、90人のモザイク師の手が加えられたそうです。中心となった建築家は1300年の初めに指揮を執ったシエナの建築家兼彫刻家のロレンツォ・マイターニだったためオルヴィエートのドゥオーモは、シエナのドゥオーモによく似ているそうです。

この美しいファザードは、薄肉彫りの装飾で覆われ、4本の大きな柱と、3枚のブロンズ扉からなっています。

f0329429_15360960.jpg
モザイクの聖母マリアの戴冠。
f0329429_15362477.jpg
聖母マリアの被昇天。モザイクは24金の金箔をガラスに張り付けるというビザンチン工法で制作されています。
f0329429_15380274.jpg
色大理石の微妙な色彩のアクセントが美しい。
f0329429_15374183.jpg
ねじれ柱の中にも精緻な彫刻やモザイクが施されています。
f0329429_15354667.jpg
正面の大きなタンパンは、半円アーチ(ロマネスク様式)ですが、両端のものは、尖塔アーチ(ビザンチン様式)。
建築は長きにわたるので、色々な様式が混じることは多いのですが、オルヴィエートのドゥオーモのようにゴシックに少なからずビザンチン、ロマネスクが混ざっていながら、完成度高く融合しているところが素晴らしいです。

f0329429_15540946.jpg
繊細な装飾が美しいブロンズの扉は20世紀を代表する彫刻家エミリオ・グレコによって制作されたもの。

4つの柱の浅浮き彫りはそれぞれテーマをもっており、左から
f0329429_15395063.jpg
①旧約聖書のシーンと世界と人間の起源
f0329429_16524436.jpg
アダムの肋骨を抜いているところ。
f0329429_15400008.jpg
アダムとイヴが禁断のリンゴを手にするところ。
f0329429_15405189.jpg
悪そうな蛇の顔!
f0329429_15400673.jpg
楽園を追い出される2人。
f0329429_15405611.jpg
これが人類最初の殺人。アベルを殺すカイン。
f0329429_15390727.jpg
②旧約聖書のシーンと予言者たち
f0329429_15381689.jpg
③新約聖書のシーン(キリストの生涯)
f0329429_15382087.jpg
受胎告知。
f0329429_15382521.jpg
東方の三博士。
f0329429_15383799.jpg
エジプト逃避。
f0329429_15385311.jpg
ユダの接吻。
f0329429_15384408.jpg
キリストの変容。
f0329429_15371542.jpg
④最後の審判
f0329429_15372584.jpg
最後の審判で地獄に落とされた人達。

内部もルカ・シニョレリやフラ・アンジェリコが手がけた興味深いフレスコ画があります。
(内部は写真撮影禁止です)。
f0329429_15420749.jpg
ずっと眺めていたいオルヴィエートのドゥオーモ。立ち去り難いですが、次の町に向かいます。



More
[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-05 04:18 | イタリア  

【ウンブリア州】世界一美しい崖の上の城塞都市、オルヴィエートへ

f0329429_04222888.jpg
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョからオルヴィエートに向かいます。SS71の途中から見えるオルヴィエートの町が美しいと聞いて、ナビに入れます。
f0329429_19392540.jpg
オルヴィエートの町が見えてきました。
f0329429_19393892.jpg
町に行く途中に車が駐車出来る展望台がありました。オルヴィエートはその独特の姿からオルヴィエートの観光は、オルヴィエートに到着する前から始まると言われています。
f0329429_19394893.jpg
展望台からのオルヴィエートの町。秋から冬にかけてはこの崖に霧が立ちこみ、雲の上にぽっかりと浮いた天空の城に見えるそうです。
f0329429_19395874.jpg
隣には、オルヴィエートのワイン畑。
f0329429_19401940.jpg
いよいよ町に入ります。
f0329429_19414960.jpg
ホテルで少し休んでから、地元の人に人気と言われているTrattoria del Moro Aroneへ。
ウンブリア州は、トリュフの名産地です。
f0329429_19402923.jpg
グラスワインは、もちろんオルヴィエート・クラシコ・スーペリオーレウンブリア州の土着品種のグレケットをグラスで。Taltara al tartuto(トリュフのタルタル)。テーブルでトリュフをたっぷりかけてくれます。トリュフは、口当たりのよりまろやかなオルヴィエート・クラシコ・スーペリオーレにぴったり。
f0329429_19405424.jpg
Misto cinghiale(イノシシの前菜の盛り合わせ)。
f0329429_19411384.jpg
ウンブリア州のDOCGであるサグランティーノ・ディ・モンテファルコを注文。1本は飲めなそうだったので、カラフで。
f0329429_19410572.jpg
Pappardelle al cinghiale(いのししのパッパルデッレ)。
f0329429_19405900.jpg
ポルチーニとトリュフのタリアテッレ。これもテーブルでトリュフをたっぷりかけてくれます。
f0329429_19412155.jpg
デザートは、パンナコッタのチョコレートがけ。
カフェを2杯注文して、4€のコペルト(テーブルチャージ)を含めて58.5€。
サービスも機敏ですし、味も美味しく、大満足なディナーでした。
食後町を散策。
f0329429_19421447.jpg
ジェラート屋さんは、まだ開いています。
f0329429_22155635.jpg
オルヴィエートのドゥオーモ。ファサード(正面)は、美しいモザイクで飾られています。
f0329429_19432400.jpg
側面は縞模様。
ドゥオーモは、明日の朝しっかり見学する予定です。

<関連記事>
日本で買えるウンブリア州のワイン【土着品種:サグランティーノ、グレケット、トレッビアーノ・トスカーノ】



[PR]

by Laviequotidienne | 2014-08-04 02:35 | イタリア