<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ディジョンが本店のファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)へ

フランス、ブルゴーニュ地方のディジョンへ。

f0329429_03554718.jpg


ディジョンのトラムやバスは、ピンクで統一されています。
f0329429_04484888.jpg
マスタードのマイユの本店があります。
f0329429_04250078.jpg
春の新作?
f0329429_04424715.jpg
ディジョンが本店のショコラティエ、ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)。
1983年に実家のパティスリーを継いだファブリス・ジロット氏は、16歳で修業を始め、1991年、史上最年少の26歳という若さで、フランスでも数少ないショコラティエのM.O.F.(フランス国家最高職人)を取得しました。
f0329429_04231501.jpg
イースターのウィンドー。茶せんがあったり、箱の色合いや柄は日本風な感じがします。
f0329429_04373739.jpg
モダンな店内。
f0329429_04084932.jpg
f0329429_04205739.jpg
イースターエッグのショコラもシックです。
f0329429_04401695.jpg
打って変わって、おどけた表情のショコラも!
f0329429_04163764.jpg
今回購入したもの。ショコラは味の美味しさはもちろん、デザインも美しいです。
f0329429_04283077.jpg
マカロンは、今まで食べたものの中で1番か2番の美味しさでした。
f0329429_04305868.jpg
クルール・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュの色)という名前のショコラ。カシスやフランボワーズなどのフルーツのガナッシュにフルーツのジュレがサンドされています。フルーツは、ブルゴーニュ地方で収穫されたフルーツのみを使用しているそうです。ジュレのみずみずしさ、上品な甘味、まさにフルーツとショコラのマリアージュ!美味しいです。
f0329429_04263437.jpg
色々な種類のショコラがあったので、次回は違うものにトライしたいと思います。



More
[PR]

by Laviequotidienne | 2014-03-31 21:31 | フランス